ゼアキサンチンに副作用はあるの?ゼアキサンチンの働き

 

ゼアキサンチンは、瞳の黄斑部にもともと存在する成分で、天然色素カロテノイドの一種です。抗酸化力が高いことが知られていて、高齢者の失明原因にもなる加齢黄斑変性症を予防すると言われています。
ゼアキサンチンには副作用はあるんでしょうか。

 

 

 

ゼアキサンチンの働き

ゼアキサンチンは、黄斑部に含まれています。黄斑部は網膜の中心にあり、常に紫外線やブルーライトからの攻撃にさらされているため、非常に傷付きやすい部分なんです。黄斑部が傷付いてしまうと、視力の低下や視界の欠損、失明や眼病の原因にもなってしまいます。

 

それを防ぐために、瞳には黄斑部を光から守る仕組みがあるんですが、それがルテインとゼアキサンチンです。ルテインやゼアキサンチンという抗酸化力の高い成分が、紫外線やブルーライトによって発生した活性酸素から黄斑部を守っているんです。

 

ゼアキサンチンを摂取するには?

 

ゼアキサンチンは、元々黄斑部に存在するものですが、加齢や黄斑部へのダメージによってその量が減少してしまいます。そして、ゼアキサンチンは体内で合成する事は出来ません。
だから、ゼアキサンチンを補ってあげないといけないんです。

 

ですが、食事からゼアキサンチンを十分な量摂取するのは簡単な事ではありません。一日に必要なゼアキサンチンの量は6rと言われていますが、ゼアキサンチンが多く含まれていると言われるパプリカでも、それを摂取するには350g程度食べなくてはいけないんです。

 

そのため、サプリメントからゼアキサンチンを摂取するのがおすすめです。

 

ゼアキサンチンに副作用はある?

 

副作用

 

サプリメントで成分を摂取する場合、気になるのが副作用です。特に、過剰摂取に気を付ける必要があります。では、ゼアキサンチンに副作用はあるんでしょうか。今のところ、ゼアキサンチンの副作用は報告されていません。
過剰摂取した場合はまれに腹痛や便秘、吐き気などを感じるケースもありますが、市販のサプリメントを用量を守って摂取している限り、副作用の心配はないと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

やはり、サプリメントを摂取する上で、一番気になる部分は副作用でしょう。こんなに体に良い成分ばかりで胡散臭いと感じる方もまれにいるのですが、そう思ってしまっても仕方がないのかもしれません。筆者もサプリメントなどを通してたくさんの成分などを勉強しました。やはり最初は本当なのかいと半信半疑でしたからね。

 

ですが、上記を読めば分かるように本当みたいですね。

 

なので副作用の心配はいらないみたいです。