ゼアキサンチンが肌や皮膚を紫外線から守りダメージも軽減するって本当?

 

目を光のダメージから守り、眼病の予防にも効果が期待されるゼアキサンチンですが、肌や皮膚にも良い影響を与えると言われています。どういった理由によって肌や皮膚に良いと言われているんでしょうか。その理由を見ていきましょう。

 

 

ゼアキサンチンは肌を紫外線から守りダメージも軽減?

 

ブルーベリーイラスト

 

2013年6月のAmerican Journal of Lifestyle Medicine誌に掲載された研究では、ルテインやゼアキサンチンを12週間に渡って服用したグループと、プラシーボ(外見などは同様だが成分が含まれていないもの)を服用したグループを比較した場合、ルテインやゼアキサンチンを服用したグループでは脂質過酸化が56%抑制され、皮膚の水分保持率が2倍以上になったそうです。

 

また、皮膚の脂質含有量が4倍になり、皮膚の柔軟性が17%改善され、光防護活性が3倍になるなどの効果も認められました。これらは、動物実験や細胞組織を使った実験でも裏付けられています。つまり、ルテインやゼアキサンチンを経口摂取する事が、紫外線による肌のダメージを軽減する事が出来るという訳なんです。

 

なぜゼアキサンチンが肌を内側から守るって本当?

 

肌を守る

 

これらの研究結果には、ゼアキサンチンの抗酸化力が関係していると考えられています。ですが、抗酸化力の高い成分にはビタミンEやビタミンC、アントシアニンなど様々なものがあります。それなのに、なぜゼアキサンチンが肌や皮膚に良いんでしょうか。それは、ルテインやゼアキサンチンには体の中でも皮膚に集まる傾向が強いからなんです。

 

そのため、肌を内側から保護する事になり、上記の研究結果を導いていると考えられています。

 

ゼアキサンチンの摂取は難しい?サプリからの摂取がおすすめ!

 

ゼアキサンチンは目に良いだけでなく、肌や皮膚にも良いとなると、積極的に摂取したくなりますよね。ルテインはホウレン草に多く含まれていて、一日100g食べれば十分なルテインを摂取できるんですが、ゼアキサンチンは多く含まれていると言われるパプリカでも350g食べなくてはならず、普段の食事から摂取するのは難しいものです。

 

そのため、サプリメントから摂取するのがおすすめなんです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ゼアキサンチンは様々な効果・効能があり、人間の体にはとても良い成分の1つなんですね。
これだけの効果があるのならば、是非摂取したいところです。上記でもお伝えしたように、サプリメントでの摂取が、一番手間もかからなく、より効率よく摂取出来るので、気になっている方は一度試してみると驚くほど効果を感じられるかもしれませんよ。